退職のタイミングを調整

『転職エージェントを通じて転職先から内定をもらっても現職での引継が終わっていなくていつ転職できるかわからない!』

現場で活躍している人ほど悩むこの退職のタイミング。転職エージェントを使って転職する際の退職時期の調整がスムーズに行く方法を紹介します。

事前面談で退職時期を伝える

当たり前ではありますが、コンサルタントからも転職時期についての確認はしますが、初回面談の段階で内定が決まったら何ヶ月くらいで転職ができるのかという点は必ず事前に伝えるのが良いです。この期間を前提として企業と面接を設定する時に『この人材非常に優秀なのですが、内定後2ヶ月は入社を待ってほしいです。』と採用企業側に伝えることができ、面接段階で入社時期への問題がクリアになった状態で面接を迎えることができるのです。

コンサルタントに相談する

実際に内定が決まって現職へ退職の意思を伝えます。通常退職意志を表明し一ヶ月後には法律的には退職が出来ますが、そうもいかないのが社会です。優秀な人であればあるほど下手をすると『あと半年は残って引継をしてくれ』なんて平気で言われることもあります。

 

ただ、そのまま言う事を聞いてしまうといつまでたっても転職できないのも事実。その一方で出来るだけ円満に退社もしたい。そんな時は日頃この現職と退職時期の葛藤の現場を見ているコンサルタントのどうすべきか相談すべきです。中には当てにならないコンサルタントもいますが、しっかり親身になってくれる人が多いのも事実です。

この記事はお役に立ちましたか?

Twitterで更新情報を発信中!

関連記事