年収アップを実現するための転職先選び、交渉のポイント


年収アップは転職をする大きな利用の一つです。

「年収をもっと上げたいから転職したい」「今の会社だと年収の伸びしろがない」という方は多いのではないでしょうか?

 

ただ年収を上げたい漠然に考えていても年収は上がりません。このページでは年収アップを狙うためのポイントについてご紹介していきます。

転職先は年収の伸びシロで選ぶ

長期的に年収アップを狙う場合、転職時の年収にこだわらず、5年、10年在籍した際の長期的な年収アップを狙いましょう。

 

実力次第で給与が上がる企業がある一方、評価制度が明確ではなく、いつまでたっても年収が上がらない会社も数多くあります。

 

見極めるポイントはその会社の平均年齢と平均年収です。

面接前に伝えてもらう

年収を交渉する際に1番効率的なのは、面接の前に事前に伝えてもらうことです。もし700万円程度欲しいのであれば予めエージェントに650万円から700万円と伝えておくことです。ここで低めの数字もいれておくのは面接をセッティングしてもらうためです。何がなんでも700万円という数字に拘ってしまっては面接も取りにくくなってしまいます。そのためある程度は余裕を持たせていくのが良いでしょう。

関連記事