40代の転職エージェントランキング

 

40代の転職は慎重に。

 

好条件、高待遇を引き出したいのであれば、同業種または同業界の転職。今後のさらなる20年を考えてポテンシャル採用でも新たな業種に挑戦するのであれば条件は下がります。

 

転職で失敗をした際に、さらなる転職につながらないためにも、慎重に転職活動を進めていく必要がありますが、そこで大切な転職のアドバイザーが転職エージェントです。

 

40代のミドル層の転職者にオススメの転職エージェントをランキング形式でご紹介します。ランキングは大手転職エージェント業界でコンサルタントとして勤めてきた管理人が転職業界内での評判、転職支援実績数、内定率を高めるためのサポートがあるかなど、客観的かつプロの主観的な評価から選定しています。

 

第1位 パソナキャリア

パソナキャリア

総合人材サービスパソナグループの転職エージェント

転職サポートした6割以上の方が年収アップしており求人紹介だけでなく、条件交渉にも定評がある。全国に拠点があるため地方への転職にも強い。


第2位 リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職エージェントの最大手リクルートエージェント。

求人案件数、転職コンサルタントの質、転職ノウハウの提供など転職サポートを依頼する上での全体評価が高く、転職をするならまずは登録すべきエージェントの一つです。


第3位 DODA(デューダ)

DODA

リクルートに次いで業界第2位の転職エージェント、DODA。DODAだけが扱う独自求人案件も多く、リクルートと合わせて登録する方が多いエージェントです。


第4位 マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビ転職など数多くの転職メディアを運営する株式会社マイナビの転職エージェント。

取扱求人数が豊富で質の高い転職サポートを提供しています。


第5位 JACリクルートメント

JACリクルートメント

東証一部上場の転職エージェント。

国内有数の外資系案件を保有し、外資系、ハイキャリアの転職支援で国内トップクラスの実績を持つ転職エージェント。

シンガポール、香港などアジアに複数拠点があり、グローバル転職にも強い。


第6位 type転職エージェント

type転職エージェント

東証一部上場企業で転職サイトtypeを運営するキャリアデザインセンターの転職エージェント。

1都3県と首都圏のみの転職サポートを中心に大手からベンチャー企業まで定評がある。


第7位 エンエージェント

エンエージェント

転職サイト大手、エンジャパンの運営する転職エージェントです。

転職サイトの運営で多くの企業と取引があり求人数は数万件保有。20代、30代のサポートに強いが、40代の求人は比率が少ない。


40代の転職にはベテランコンサルタントを

40代は転職先も中間管理職〜の求人が多く、企業の中核を担うポジションへの転職が多くなります。

 

その中で転職支援を担当するコンサルタントのスキルと経験は重要な役割を占めます。

  • 企業の人事部としてクライアント企業の成長のためにどういう経験を持った人材が必要か把握している。
  • クライアントの求めているゴールに対して最適な人材を提案できる
  • クライアントと転職者をマッチングさせるため両者のギャップを埋める事前調整ができる。

などの高度なスキルが求められます。ただ、面談をしてメールでレジュメを企業に送付するだけのコンサルタントや企業のご用聞き的なコンサルタントではあなたの転職を成功に導くことはできないでしょう。

 

転職者はエージェントは選ぶことができますが、コンサルタントの担当は選ぶことができません。

その為、ベテランの多く在籍する老舗エージェントやキャリアを積んだ精鋭エージェントへの登録をオススメします。

転職するなら必ず抑えておきたいエージェント

転職エージェントは各社得意分野が分かれており、自分の業界、職種に精通したエージェントを選択することが転職成功の鍵です。

 

数ある転職エージェントの中で売上シェア約3割を誇り圧倒的な求人数と質の高い転職サポートを誇るのがリクルートエージェントです。

 

まだ登録されていないのなら、まずはリクルートエージェントへの登録をオススメします。

 

一方、リクルートエージェントは転職サポート期間が3ヶ月限定のサービスで3ヶ月で転職が決まらない場合、一旦サポートが終了となります。40代の転職は長期戦になることもあるためサポートの手厚い

パソナキャリアも合わせてご登録されることをオススメします。

目的別転職エージェントランキング

IT業界に強い転職エージェント
外資系に強い転職エージェント
医療業界に強い転職エージェント
女性に強い転職エージェント